このページでは【法令編】【物化編】に続く【性消編】として、過去問等を参考に危険物取扱者試験の本試験を意識して作成した実践模擬問題と解説を提供しています。試験対策として、知識の確認や引っ掛けパターンの把握などにご活用ください。各問題文の下の[解答の表示/非表示]をクリックすることで解答・解説部分を表示したり隠したりできます。解答・解説を隠した状態で問題を解き、その後で解答・解説を表示して答え合わせや知識の確認をすると良いでしょう。(問題は随時追加中です)

関連記事

甲種危険物取扱者試験ひそかに合格しました

【甲種危険物取扱者試験】独学1ヶ月で合格する語呂合わせ

【甲種危険物取扱者試験】独学1ヶ月で合格する実践問題集(法令編)

【甲種危険物取扱者試験】独学1ヶ月で合格する実践問題集(物化編)


問題1(各類の性質)

危険物の類ごとの性質について、次のA~Eの記述のうち、正しいものはいくつあるか。

A 第1類の危険物は、他の物質を酸化する酸素を分子構造中に含有する液体であり、加熱、衝撃等により分解して酸素を放出するため、周囲の可燃物の燃焼を著しく促す

B 第2類の危険物は、比較的低温で着火しやすい可燃性物質で、燃焼が速く、有毒のものもある

C 第3類の危険物は、自然発火性があり、すべて空気又は水と接触することにより発火する固体である

D 第4類の危険物はすべて液体であり、その蒸気は、空気とある一定の範囲に混合されると爆発性の混合気体を生じる

E 第5類の危険物は、すべて可燃物と酸素供給源とが共存している固体で、自己燃焼性があり、加熱、衝撃、摩擦等で発火し、爆発するものが多い

[解答の表示/非表示]

問題2(第3類危険物の性状)

第3類危険物の性状として、次のうち正しいものを1つ選べ
1 いずれも比重が1より小さい
2 いずれも自然発火性又は禁水性の性状を有する
3 いずれも水溶液は酸性を示す
4 いずれも水に触れると過酸化物を生成し、発火のおそれがある
5 いずれも無色の固体又は液体である
[解答の表示/非表示]

問題3(第6類危険物の性状)

第6類の危険物の共通する性状として、次のうち正しいものはいくつあるか
1 いずれも容器に貯蔵する際は、通気孔を設ける
2 いずれも大量にこぼれた場合は、水酸化ナトリウムの濃厚な水溶液で中和する
3 いずれも無機化合物である
4 いずれも酸化性の固体である
5 いずれも不燃性である
[解答の表示/非表示]

問題4(第2類危険物の取扱)

第2類の危険物を貯蔵し、又は取り扱う場合に考慮しなくてもよいものを1つ選べ
1 一般に、防湿に注意し、容器は密封すること
2 鉄粉、金属粉及びマグネシウムは、水又は酸との接触を避けること
3 赤りんと硫黄は、空気に触れないようにすること
4 引火性固体は、みだりに蒸気を発生させないこと
5 酸化剤との接触又は混合を避けること
[解答の表示/非表示]